TOEICテスト対策リーディング2

前回は大まかなリーディングの対策を申し上げました。

今回はより細かい対策方法を申し上げたいと思います。

まずリーディング初心者に効果的なのが「スラッシュリーディング」という読み方です。

簡単に言えば区切って読むという方法です。

例えば

She was convinced that the only thing which kept her working there was that she liked what she was doing.

という関係代名詞と呼ばれるthatやwhichが多い文章だと、英語初心者の方にはとても読みづらいかもしれません。

これを中学校や高校で習った戻り訳方式で訳してしまうと、「彼女をそこで働き続けさせるたった一つのことは~」みたいない感じになり、文章のあちらこちらを見ながら訳すのに時間がかかってしまうと思います。

ではこれを区切ってみましょう!

She was convinced /that the only thing / which kept her working there / was that she liked / what she was doing./

このように区切ってみます。

すると

She was convinced (彼女は確信した)/ that the only thing (たったひとつのこと) / which kept her working there (彼女をそこで働き続けさせる) / was that she liked (彼女が好きだということだった)/ what she was doing.(彼女がしていることが)/

というようになります。どうですか?だいぶ読みやすくなったのではないでしょうか。

さて区切る方法なのですが、基本的には意味の固まりごとにスラッシュをいれていきます。

厳格な区切るルールというのはないのですが、動詞の後目的語の後前置詞の前which/who/thatなどの関係代名詞・関係疑問詞の前接続詞の前などが訳しやすいでしょう。

要はこれは英語の語順で訳していくことで、英語の理解力を高めていくというテクニックなのです。

(特に日本語と英語では語順が全く違いますので)

特に初心者の方は日ごろから区切って読むことを習慣づけると、英文の構成とかも理解できてくるのでお勧めです!みなさん是非行ってみて下さいね。

Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts
Search By Tags
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

© 2023 by Senior Residence. Proudly created with Wix.com

  • w-googleplus
  • w-facebook
  • Twitter Clean